女性の悩みを改善する栄養素

女の人

エクオールという栄養素を知っていますか?

エクオールとは最近注目されている、女性ホルモンと似た働きが出来る栄養素です。大豆などの食品から摂取する方法と、サプリメントから摂取する方法があります。

大豆イソフラボンから作られる

エクオールは大豆イソフラボンから作られますが、大豆を食べるだけでエクオールが体内で生成される人と、大豆からではダイゼインとしてしか吸収されないという人がいます。ダイゼインとして体内に吸収するよりも、エクオールとして吸収したほうがより女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをするといわれています。しかし、日本人女性の半数以上がエクオールを体内で作ることが出来ないといわれおり、そういった人はサプリメントで摂取するとよいです。

エクオールは腸内細菌を通して作られる

エクオールを生成できる腸内細菌があるかないかで、体内でエクオールを作れるか作れないかが変わってきます。ただ、腸内細菌を調べてもこの人はエクオールが作れるか作れないか、ということを判断することは難しいので、エクオールを摂取できる大豆食品を多く取りながら、サプリメントも摂取するというのが良いでしょう。

様々な効果があるエクオール

エクオールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、女性にとって優しい栄養素です。エクオールを体内に取り入れることによって、美容や健康に素晴らしい効果を発揮します。

エクオールの具体的な効果や口コミ

大豆

エクオールの効能

エクオールにはどんな効果があるのか詳しく説明したいと思います。エクオールを摂取している方の口コミも掲載しているので参考にして下さい。

READ MORE

大豆イソフラボンを効率よく取れる食品

no.1

納豆

毎朝の食卓に納豆を添えてみてはいかがでしょうか。納豆は大豆イソフラボンが多く含まれているので、エクオールを摂取しやすい食品といえます。納豆1パックで1日に必要な量を取ることが出来ます。味に飽きてきたら、ネギなどの薬味を入れたり、ポン酢を加えてみると良いですよ。

no.2

豆乳

豆乳は手軽に大豆イソフラボンを摂取できる飲料として人気です。成分無調整が好ましいですが、味がかなり独特なので、成分調整豆乳から初めてみると良いです。料理に豆腐を使うという手もあります。ホットケーキで牛乳の代わりに使ってみてはいかがですか。

no.3

豆腐

豆腐はそのまま醤油をかけてもよし、お味噌汁に入れてもよし、炒めてもよしの何でもありのオールラウンダーです。美味しく大豆イソフラボンを取れますね。たまには麻婆豆腐なんていかがでしょうか。美容にも効果的ですね。

no.4

油揚げ

油揚げにも大豆イソフラボンが多く含まれています。味噌汁の具として入れると良いでしょう。カロリーが高いので食べ過ぎには注意が必要です。毎日でなくても時々料理に使うと良いでしょう。

no.5

味噌

味噌汁は出来れば毎日食べたいですね。豆腐や油揚げを入れるとなお良いでしょう。おにぎりを作るなら味噌おにぎりも入れてあげて下さい。味噌から健康な生活を始めましょう。

【PR】
エクオールサプリで辛い症状を和らげる
ホルモンバランスを整えて悩みを無かったことに。【PR】
女性だけじゃない!話題のサプリメント、エクオール
男性にも朗報!脱毛改善効果!【PR】
更年期障害に効くと話題のエクオール!
エクエルというサプリで簡単摂取!【PR】
エクオールで美しさを保つ。
抗酸化作用がある!シミ・シワの改善に最適。【PR】
更年期障害の症状緩和に大抜擢「エクオール」
骨粗鬆症の予防と改善にも効果あり!